こんにちは。

今日、2度目のエントリーはスナップオンのラチェットの型番の記載ルールについて書いてみたいと思います。あくまでラチェットのみのルールです。(一部適用されないものもあります:F851みたいな)

Snap-onの型番はいくつかのグループに分かれて決められており、簡単に説明すると

ヘッドやグリップ形状+差込角+ギヤ数+バージョン

という4つから構成されるルールになっています。(最後のバージョンはないものもあります)

ではまず、一番簡単な差込角の分類からみていきます。これはおおまかに4種類です。正直3/4なんてスナップオンの買取をしていても、めったにお目にかかりませんが、一応設定があるので書いておきます。

差込角分類

  • S – 1/2
  • F – 3/8
  • T – 1/4
  • L – 3/4

ラチェットで例えるなら、スタンダードなF80が分かりやすいですね。Fが差込角3/8、80がコマ数となります。コマ数が80ということは送り角が4.5°です。S936 であれば、Sが差込角1/2、コマ数が36なので送り角が10°ということです。

形状分類

  • B    ベント(持ち手が曲がっている)
  • BF  ベントフレックス(持ち手が曲がっている首振り)
  • F    フレックス(首振り)
  • H    樹脂(別素材)ハンドル付
  • K スタッビ(短い)
  • KF スタッビフレックス(短い首振り)
  • L ロング(長い)
  • N   ラウンドヘッド
  • NF スイベル
  • R    クイックリリース(プッシュリリース)
  • X ロッキングフレックス(ロック式首振り)
  • 8 樹脂
  • 9 一体型

1つ、または2つのアルファベットを組み合わせて形状を表します。ちなみにスイベルは独自記号はなく、ラウンドヘッドとフレックスを組み合わせたNFと表記されています。

Snap-onの送り角は現在は

送り角分類

  • 無段階
  • 100ギヤ 3.6° 
  • 80ギヤ   4.5°
  • 72ギヤ   5°
  • 60ギヤ   6°
  • 36ギヤ   10°
  • 20ギヤ   18°

とありますが、無段階のものはFZEROという型番になり、数字は使われていません。00とかでも良さそうですが、ギヤを使っていないからか数字ではないようです。また、20°のラチェットなんてみたことないと思われるかも知れませんが、ラチェットアダプターがギヤ数20コマ、送り角18°です。

ちなみに送り角というのは、ラチェットを1ノッチ進めた時に動く(回る)角度のことです。この送り角度が小さいほど細かい動きが可能です。

最後に、ギヤ数の後に、AとかBとかの数字がついているものがあるのですが、これはVerといえば分かりやすいかと思います。アルファベットAよりB番の方が新しいという感じですが、僕はB以降の番号は見たことがありません。

では、問題です。
この写真の型番は?(差込角は1/4、72ギヤです)

スナップオンラチェット

正解は TX72 です。
単純に1/4にロッキングフレックスですのでXをつけてTXでした。

簡単でしたが、このようにある程度のシンボルを覚えておくと、あんな形のラチェットギヤ欲しいなー、あるのかなー?等と思った時に便利ですよ。ベントの3/8欲しいなーと思ったら「Snap-on FBF」と調べるとFBF80が見つかるといった感じです。

追記

しかし、スナップオンのギヤ数もここまで来たかという感じがします。僕がメカだったころの3/8スタンダードはF936という36ギヤのものが主流だった気がします。(本当はF836が欲しかったのですが、樹脂グリップはなかなかキャンペーンに入らず買えませんでした。)小型ボディで送り角の小さなラチェットはFacomのR161 72ギヤぐらいしか無く(探しきれず)、1/4はみんなFacomを使っていた記憶があります。そんなFacomも今は六輪生活(Mac公式)で販売されており(ということはブラック&デッカーグループということですね)、自動車業界と同じく工具業界もグループ化の波が押し寄せているのをひしひしと感じます。なんか良いような悪いような・・ね。

それでは今日もご覧いただきありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。